社員研修という方法はいろいろなスタイルがありますよね。時間をかけてやりますので、受講生が目的を達成して成長につなげ業務に活かしてもらうことで戦力につなげる必要があります。ここでは社員研修の方法の紹介をします。

オフサイトで行う研修

しっかり受講生に時間をとってあげることで成長につなげることも必要です。つまり業務とは離れた環境で学ぶ環境を作り出す方法です。業者に委託したり、会社とは別の会場で開催したりなどいろいろな手法があります。

参加者の環境作りが重要

外部に委託する研修として、人材育成を主とした企業があります。ホテルや研修施設や社内を利用して開催することができます。特徴は、職場を離れて行いますので集中できる環境が整っています。中には、フォロー研…

オフサイト研修の種類

社員研修は会社内で行われることが多いですが、時にはオフサイト研修として会社以外の場所で気持ちも新たににして社内研修を行うことがあります。このように環境を変えるだけでも案外、研修の効果はあるものです…

新人社員研修で学ばせたいこととは?

新人社員研修では、社会人としての基礎スキルの対人スキル、対自己スキル、対課題スキルを身につけることを学ばせることが必要です。

フォロー研修で効果の確認が重要

通常と異なる環境で行う研修とは

社内での研修を行う際、思ったような効果が得られなかったり、どの程度効果が現れているのかわからないことがあります。そんな悩みを抱える経営者や指導者におすすめなのがオフサイト研修です。 これは通常自社の会議室などの社内で行われる研修を環境を変えて行うもので、日帰りで行うものと宿泊を伴うものの大きく2つに分かれます。前者の場合予算などを抑えることができるだけでなく、通常業務に支障をきたすことが少ないというメリットがありますが、限られた時間で研修を行わなければならないため、しっかりスケジュールを組む必要があります。一方後者の場合、新入社員だけでなく実務経験の長い社員も原点に戻って学び直したり、余裕を持ってスケジュールを組むことができますが、比較的高額な費用が必要になるというデメリットも存在します。 どちらを選ぶべきかを責任者同士で連携を取りながら検討することが重要です。

フォロー研修などを活用し学んだことの再確認を

オフサイト研修によって学んだことは、今後の仕事において非常に大きな力となりますが、どうしても一度で覚えられなかったり、期間が空くと忘れてしまうこともあります。そんなときはフォロー研修の活用がおすすめです。 フォロー研修はオフサイト研修終了後一定期間を空けて開催する研修のことを指し、以前の研修で学んだことの見直しやどのようなスキルを得ることができたのか、また前回の研修で達成できなかった課題の確認などを行う、いわば復習の研修です。人によっては一度の研修で学べなかったことや得られなかったスキルを、見直すことで新たに学ぶことができることがあります。また以前できなかったことができるようになり、モチベーションの向上に繋がることもあります。 新入社員の育成に不安があったり、現時点でどの程度社員の能力があるのかを知っておきたいときは、オフサイト研修やフォロー研修などを活用することをおすすめします。

仕事をしながらの研修

業務を通じて教えることが最短の近道ですよね。それにはやり方をしっかりしないと時間だけが過ぎてしまい、確実な成長にはつながりません。OJTといわれる環境での方法のポイントを紹介します。コミュニケーションやプレゼンテーションなどいろいろなスキルが講師には必要です。