講師に必要なスキル

社員研修の講師に求められること

社員研修を意義のあるものにするためには、研修の目的を明確化するのはもちろんのこと、優秀な講師を選択することが大切です。特に、実際の仕事の中で役に立つビジネスマナーや営業トーク、語学などを効果的に学ぶためには、講師の指導経験や教え方などが重要となります。そこで、社内に研修を担当できる人材が見当たらない場合には、講師の派遣を専門的に行っている仲介業者に相談をして、企業のニーズや研修の対象者の経歴などに応じて、研修のカリキュラムを考えることが大事です。また、一人ひとりの社員に日頃の業務の中で目標を持たせるために、各分野で活躍をしている講師に任せるだけでなく、研修の後も定期的にミーティングを開いたり、直属の上司にヒアリングをしたりすることも重要です。

社員研修を成功させるポイント

社員研修を成功させるためには、研修の対象となる社員の職種や実務経験、性格などを考慮して、研修中にきめ細やかなサポートを行うことが大切です。特に、新人や中途採用者の研修は、それぞれの社員が会社に馴染むために重要な機会となるため、人事担当者だけでなく、それぞれの部署の管理職が集まって研修の進め方について話し合うと良いでしょう。また、座学を中心としたスタイルだけでなく、プレゼンテーションやディスカッションなどを適切に取り入れることで、社員の自発性を高めることができ、普段の仕事の中で接する機会の少ない人の意見に触れることができます。なお、研修の合間を縫って一人ひとりの社員にアンケートを行うことで、研修の必要性や効果を把握することも大事です。