ペアコーチ制度をとりいれる

緊張感が社員研修の質を高める秘訣!

社員研修の多くは、効率化を考え複数の人数でまとめて行うのが一般的です。ただし、複数の人数でまとめて行えば、緊張感の足りなさから社員研修の質が落ちてしまう場合もあるのです。緊張が弱まってしまうその最大の原因は、個人に対して話しかけているのではなく、2人以上の集団に話しかけているためです。

全ての社員とは言い切れませんが、社員の中には集団的な意識に欠けている人もいます。その様な人の中には、自分に話しかけられている思いが弱まり、社員研修においての集中力が弱まってしまう場合もあります。

この内容は、学校の授業と内容が似ているかもしれません。先生はみんなに話しかけていますが、数日でその内容を忘れてしまう場合と同じです。先生に当てられ、先生とマンツーマンで話してる時は、緊張する中でその内容について良く覚えている場合などもあるはずです。

記憶力を高め!学ぶ責任感も高める効果が期待できる!

ペアで行う研修の効果の中には、無駄な刺激が排除され、教える側の意識が高まりやすい効果も挙げられます。複数で行う研修においての、目から入ってくる情報には、他の人の様子なども情報として入ってくるためです。これが無駄な情報となり、研修内容を薄れさせ、研修内容の記憶に影響与えてしまう場合もあります。

複数で行う研修は、他の人も同じ様に内容を聞いているでしょう。自分に対しての特別な内容として、その認識に欠けてしまう場合も現れやすくなります。ペアで行う内容は、個人に対して指導しているため、その内容に対して特別な内容と思われる可能性も高まりやすくなるのです。

ペアで研修を行えば、もしかすれば、他の社員は、研修内容をしっかりと身に付けているかもしれません。劣等感を感じるこの不安感は、身に付ける意識を高めさせ、学ぶ責任感を高める効果も隠されています。