オフサイト研修の種類

職場をはなれて気持ちをリフレッシュしてのオフサイト研修

社員研修は会社内で行われることが多いですが、時にはオフサイト研修として会社以外の場所で気持ちも新たににして社内研修を行うことがあります。このように環境を変えるだけでも案外、研修の効果はあるものです。社外の会議室などで行えば新鮮な気持ちで研修を受けることができますし、時には個室のカフェなどを使えば雰囲気も良く、研修の能率も上がりますし、ディスカッションなども活発になる可能性があります。また、ホテルなどでの宿泊を兼ねての研修も同様です。環境が変われば気持ちに変化が生じて、やる気が出てきたりするものです。ましてや泊りがけともなれば、普段とは違う過ごし方になるので社員の気持ちもかなり変わってくることでしょう。オフサイト研修でやる気が出たりスキルアップしたりします。

いろいろなオフサイト研修

オフサイト研修と言ってもいろいろな種類があります。まずは、階層別に行う研修です。若手、中堅、管理職ではするべき仕事が違いますし責任の度合いも違います。そこで、それぞれの階層別に分けてオフサイト研修を行うことで課題を絞りやすくし、参加した人にとって意義がありより充実した研修になります。次に職種別研修があります。これはより専門性をスキルアップすることをねらいとした研修です。主に経営、営業などの特定の分野においてより高度な専門性を身に付けるための研修です。その他にパソコンなどのスキルアップ研修など課題別の研修があります。パソコン室のような会場を借りて講師を呼び、効率的なパソコンの使い方などを研修するものです。