コミュニケーションが重要

社会人に必要なコミュニケーションとは?

わたしは昔からコミュニケーション能力が高いから誰とでも話しができる!と胸を張って言える人も多いのではないでしょうか?しかし社会人に必要なコミュニケーションというのは単に誰とでも話しができるということが大切なわけではないと言えるようです。社会人として必要なコミュニケーション能力とは相手に対する心理理解の示し方や話しの掘り下げ方を考えながら接する、ということが大切になってくるようです。また自分の気持ちや考え方を相手に伝える時、一方的に自分の意見をアピールしたり訴え続けることは相手に不快な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。相手の心理を理解しながら自分の話しをする時でも謙虚な姿勢が必要ではないかと思われます。

上手く付き合うだけが良いコミュニケーションではない!

では相手の心理理解をしながら表面上上手く付き合うことが良いコミュニケーションの取り方なのか、というとそうではなさそうです。その場は良好な関係を築けるかもしれませんが、長く付き合う関係になると良好な関係を築いていくことは難しいようです。社会人では付き合う相手を自分の意思で選べないため、自分の言動次第で結果責任があると考えられます。良好な関係を築くコミュニケーションとは単に傾聴することだけで成り立つわけではないということも、理解していなければならないことと言えそうです。どんなに高いスキルを持っていてもコミュニケーション能力が欠けてしまっていたら、仕事にはなりません。良いコミュニケーションが気持ちよく働く原動力となり、結果良い仕事に繋がることでしょう。